滋賀・京都の温泉周辺観光見どころ・日帰り旅行 おごと温泉 見処・歩き処

見処・歩き処一覧へ戻る

天台真盛宗総本山西教寺周辺 ※おごと温泉から※おごと温泉からお車で15分

西教寺概要

滋賀県大津市の天台真盛宗総本山 西教寺は聖徳太子が恩師である高麗の僧慧慈、慧聡のために創建されたと伝えられています。その後、久しく荒廃していましたが、慈恵大師良源上人が復興、念仏の道場としました。恵心僧都も入寺、修業されたところから次第に栄えるようになりました。鎌倉時代の正中2年(1325)に入寺された恵鎮(円観)上人は、伝教大師が畢生の事業として提唱された大乗円頓戒を復興、その後百有余年を経た文明18年(1486)に真盛上人が入寺されるに至り、堂塔と教法を再興、不断念仏の道場とされました。以来全国に約四百余りの末寺を有する総本山となりました。

西教寺と明智光秀公

元亀2年(1571)織田信長の比叡山焼き討ちの際、西教寺も本堂すべて焼失しました。
その直後に築かれた坂本城の城主となったのが光秀公でした。檀徒である光秀公は復興に大きく力を注ぎ天正年間には大本坊が再建されました。総門には坂本城から移築、梵鐘は陣鐘を寄進したと伝えられています。
西教寺の宗祖大師殿の門には「麒麟」が彫られています。
天正10年にこの世を去った光秀は6年前に内室煕子や一族の墓とともに祠られています。
境内には総欅造りの本堂や伏見桃山城の旧殿を移築した客殿があり、小堀遠州の客殿庭園は素晴らしい眺めになります。

びわ湖大津光秀大博覧会

西教寺ゆかりの地2020年大河ドラマ「麒麟くる」の舞台滋賀県大津市坂本エリア一帯で開催中。
西教寺 禅明坊光秀館
   (映像・衣装小道具等展示)
    明智光秀公一族の墓・妻煕子の墓
    明智光秀公資料館
    (直筆の奇進状・貴重な資料公開)
滋賀院門跡
大津歴史博物館

※掲載画像はWebで検索された関連画像です。万一著作権の存在する画像がある場合はお問合せフォームよりご連絡ください。

※掲載画像はWebで検索された関連画像です。万一著作権の存在する画像がある場合はお問合せフォームよりご連絡ください。

関西のアルカリ性温泉

閉じる

閉じる